【入社後すぐに結果を出したい上昇志向のある人向け】内定後〜入社まで何をすべきか

sales-increase


sales-increase

 

内定後〜入社までの時間何をすべきでしょうか。今回は『内定なんて人生の中のほんのワンステップ。社会に出た先に夢があるので入社後にバリバリ結果を残し、大きな仕事をどんどんやっていきたい!』という想いを持っている人に向けた個人的な経験も踏まえた記事です。

 

内定期間中に何をすべきか

社会に出て、そこで活躍するためには①ビジネス経験②人脈③スキルの3つが大事であると考えます。社会に出た後にこれらは徐々についていくかもしれませんが、それらがついて1人前となる頃には既に遅し年も大分いってしまい、集団に埋もれてしまっている可能性がかなり大きいでしょう。

しかし、社会に出る前から上記3つをある程度もっていると自分のやっていることがどのように将来に結びつき、適宜適切な行動を取る事が可能になり成長曲線がぐんと上がります。理由として上記3つを兼ねそろえていると視野が広くなり常に全体を見渡す事が可能になるからです。

名称未設定成長曲線イメージ

言い換えると内定期間中の行動が今後社会に出た後のパフォーマンスに大きく寄与します!

では内定期間中に何をすればいいのでしょうか?ここでは3つを紹介させて頂きます。

 

インターンシップ

 インターンシップは内定期間中にやる行動の一つとして人気なものです。IT系のベンチャーに行けばITに関わる実践的な知識を得ることができますし、人材系にいけば営業力や様々な人脈をつくることができます。

しかし、今回3つの必要事項を身につけるのに特にお勧めをしたいのがベンチャーのコンサルティング会社でのインターンシップです。理由として

①中で働いている人が一流企業の厳しい環境の中で戦い抜き転職してきた人が多いため、一緒に働くと様々なスキルを学ぶことができる

②働く相手が会社のトップの方なので多くの人脈形成が可能になる。

③経営の根幹に関わることが多いのでビジネスを動かす経験が多くできること

の3点があげられます。

一括りにIT、人材、コンサルティング系とまとめてしまいましたが、企業ごとにインターン生がやる業務内容はバラバラです。先輩、就活仲間などの友達などから情報を得て、自分が身につけたい、やりたいと想うことと照らし合わせてインターン先を決めていきましょう。

学生団体の運営

学生団体に所属し、様々なプロジェクトを主体的に動かしていく活動も人気があります。そして、社会にでたあとに活躍をするという目的で選ぶのならばキャリア系の学生団体がいいでしょう。

学生団体の運営をお勧めする理由は2点あります。1点目が学生団体の運営でビジネスに関する経験やスキルを網羅的に得られるからです。団体の運営に関わるだけでも、責任を持ってメンバーのリクルーティング活動、ミーティング、メンバーのモチベート、イベントの企画、イベントのプロモーション、実行など様々な活動をチームで行います。これは社会にでたあともやることであり、今のうちにやっていると自分なりの成功原因、失敗原因を養うことができるので社会にでたあとも役立ちます。

2点目が団体を一緒にやるメンバーや先輩、今後やる後輩達との繫がりが半永続的に続くという点です。同じ共同体に属していたという繋がりは一般的にはとても強いものでありますので、将来何か新しいことをやりたい、相談したいなど、どこかで必ず活きてくるでしょう。

学生団体の運営はインターンシップと比べると自分が興味のある分野に関われる可能性が大きいです(インターンシップは面接がある可能性があるので)。なので是非、トライしてみることをお勧めします!

ちなみに筑波大学には以下のようなキャリア系の学生団体があります。

筑波キャリアネットワーク
https://www.facebook.com/pages/Tsukuba-Career-Network/380464148736683

就職活動支援団体TAKE@WAY
http://takeawaytsukuba.blogspot.jp

 

起業

内定後に起業をするというのは選択肢として中々難度が高いものですが、社会にでてすぐに活躍するという目的の中では非常に効果的なものです。

起業をするにはビジネスプランを作り、資本金を集め、プロダクトを作り、マーケティング活動を行い、それの対価を得て利益を出し、その利益を有効活用してビジネスを行うという、経営の全てに関わることを見なければなりません。そのため、全てのことを経験できるのでその際の失敗例や成功例などを自分の中に蓄積でき、今後何かを行う際の判断基準や物事の進め方の方法がわかります。このようにラーニングの多い起業という選択肢、こちらの方も参考にして是非、行ってみてください!

 

以上計3つの過ごし方について見てきました。少しでも早く能力を身につけ活躍したいと思ったら、主体的に責任を持って行動をする以外ありません。

この記事が少しでもみなさんのご参考になれば幸いです。