筑波大OBOG就活レポート 生命環境科学研究科 〜三菱商事〜

default-gazo-big

OBOGレポートです。

1. 自己紹介

〇「出身学類 or 研究科はどこですか?」

生命環境科学研究科 生物資源科学専攻

〇「お勤め先企業(業界)、及び職種はどこですか?」

三菱商事 商社/流通 営業系

2.お仕事について

〇簡単にご自身の現職に至るまでのご経歴についておしえてください(現職をはじめるきっかけ)。

日本のコメ農業は転換点を迎えていると思います。
「コメの消費量を増やそう!」と声高に叫ぶ一方で、「減反だー、コメ作るなー!」ってなんだかおかしい気がします。

農家はどんどんコメを作ってどんどん売る。
こんな素敵な世界はありません、
ただし、コメを作れば作るほど、当然コメの価格は下がる。
どうしよう?

じゃあ、売り先をバンバン作って薄利多売でもいいから、ジャンジャン売ればいいじゃないか!

「モノが動けば元気になる」

この持論が正しいか確かめるために、「モノを動かす専門家」の商社に入りました。

〇現在の主なお仕事内容について教えてください。

大豆を海外から買って、国内に売る。
シンプル イズ ベスト。

ま、実は船舶・国内運送のアレンジや倉庫繰りがメインなんですがね。商社パーソンって最高に地味な仕事ですよ。

〇社内の雰囲気はどうでしょうか。

みんな鬼神のように働いてます。
係長クラスが26:00とかまで働いてます。

〇お仕事をするにあたってどのようなスキルが必要ですか?

・精神的、肉体的タフネス
・頭の回転(船のアレンジなどは、十数パターンの航海プランのコスト・ベネフィットを一瞬で判断する力があれば、大活躍します。しかし、私はこれが圧倒的に不足しているため、全く活躍していません笑)

〇お仕事をされる上での「醍醐味」について教えてください。

誰も褒めてくれないし、誰も励ましてくれない、結果だけが求められる世界で、ふと「折居さんのおかげだよ」って言われたとき。

〇お仕事の中で特に印象に残っている出来事を教えてください。

・2700万円のリスクマネーを抱えたときは、「終わった」と思いました。
・大豆だと思ったらコーンだったとき。

〇これまでに影響を受けた人やものについて教えてください。

長嶋茂雄は永遠のスターです。実力を兼ね備えたエンターテイナーでありたいと、常に願っています。

あと、私の大部分は「こち亀」と「ガンダム」で出来ているといっても過言ではありません。”

〇月の残業時間(概算)

100時間

〇仕事に求めるものは何ですか?

「私が仕事から得られると思うもの」と捉えると、それは「サラリー」と「プロとしての自身・責任」ですね。

「仕事を遂行する上で求められるもの」と捉えると、「ポジティブシンキング」です。

〇休日の過ごし方はどんな感じですか?

毎日終電帰りなんで、基本的には休みます。
ただし、「オリイファーム」の管理は欠かせません。今年は大豆を3反くらい仕掛けようと思ってます。自家製の味噌が楽しみです。
あと、農家訪問、読書、温泉旅行、林道爆走ツアー@パジェロも定期的に行います。

〇出社時間を教えてください

8時30分

〇午前中にやる主な仕事について教えて下さい

午前午後の区別なく、無限に働いてます。
基本的にデイタイムは、
①オーバーナイトで来た海外からのメールチェック
②国内のお客さんクレーム対応
③国内のお客さん商売
で終わっちゃいます。

特に②は食品系営業マンなら回避不可能です。
「締め上げるぞこのクソガキ」って何度言われたかわかりません。26歳でクソガキ呼ばわりされるとは…笑

〇午後にやる主な仕事について教えて下さい

21:00以降は、米国が動き出すので、米国のサプライヤー対応ですね。英語でメール打たなきゃならんので、時間かかります。(私の英語がカスなだけですが)

あと、夜は国内のお客さんから電話がかかってこないので、ゆっくり考える仕事ができますね。

最後に明日のTO DO LISTを作って退社って感じですか。

〇退社時刻は何時くらいですか?

23時30分

〇飲み会の頻度はどのくらいですか?

月に1回程度

〇今後の御自身のキャリアビジョンについて教えてください。
株式会社オリイライス
日本のコメ生産量を1600万トンまで引き上げたいと思います。

3.学生生活について

〇ご自身が学生時代に意識されていたことやご経歴はありますか?

起業したい

〇何故筑波大学のその専攻を選んだのですか?

一言、「農業を愛してるから」。
愛してる理由を聞くなんて野暮なことはしないでくださいね。
たぶん、その理由を語ると2時間はかかるので、それはお会いしたときに。

〇どのような大学生活を送ってきましたか?

好きなこと(農業の勉強、調理師、読書、筋トレ、アホなこと)ばかりやってきました。思い立ったらすぐ行動。そして、ちょっとやってみてつまんかったら、すぐやめる。最低ですね笑

最低ですが、勉強は大好きです。今も、辛いときに心の支えになってくれてます。”

〇大学時代にやっておいて良かったことは何ですか?
・似た夢(農業)を持つ仲間と、好きなだけ意見をぶつけまくる
・知りたいっと思ったことは、調べまくる
・勉強(教授から教わるって意味をよく考えてください。そんな濃密な時間は二度と来ないかもしれませんよ。)
・アホなこと

〇筑波大学で良かったと思える点は何ですか?

・圧倒的多様性
・自然
・近隣農家
・学問に対する姿勢、探究心(大学院に限る)

〇筑波大学で足りないと思える点は何ですか?

ありません、私は筑波大学が世界最強の大学だと思ってます。
しいて挙げるなら、「東京への憧れが強すぎる」といったところでしょうか。東京は確かに情報が集積していますが、「絶対」ではありません。東京で働く私にとって、地方にしかない「最先端」は、いくら頑張っても得られない宝物です。近いうちに地方にぶっ飛んでやろうと思ってますが…
話がそれました。つまり、東京神格視には気をつけて!ってことです。

4.現役生へのメッセージ

〇筑波大学の就活を頑張っている後輩たちに何かメッセージをいただけますでしょうか。

自分に自信を持ち、好きなようにやってください。
上のアンケートでもわかるように、リーダー経験もなければ、TOEIC500点台の私でも、好き勝手に生きてますから笑

自分の真の価値を見いだせるのは、自分だけ。
他人が何言ってようが、無視して爆走してください。