就活の面接時に意識したい自己PRの方法(具体例付き)

default-gazo-big

筑波大学の皆さん! こんにちは!

就職活動では必ず、企業は、あなたがどんな人なのか?どんな強みを持っているのかを確認しようとします。そのために「自己PRをしてください。」「あなたの強みを教えて下さい」と質問します。

この質問にどう答えるかが、面接を通過するかどうか、内定を取れるかどうかの分岐点になります。自分をアピールための最高の場である「自己PR」。どのように答えればよいのでしょうか?

 

ここでは5つのことを提案したいと思います!積極的に取り組んでみてください!!

 

質問の意図

会社で活躍するための能力を持っているかどうか知りたい

 会社で活躍するには、能力が必要です。たとえば、アパレルであれば、コミュニケーション能力、商社なら、管理能力や交渉能力が重要です。このように、会社ごとに活躍するために必要な能力は異なります。その能力をあなたが持っているかどうかを知りたいのです。

強みの根拠になる経験を知りたい

 ただ、「〜が得意です」と強みをいうだけでは信じられません。「Aという強みがある」という主張の根拠となっている経験も、この質問を通して把握しようとしています。

強みが会社で活躍するのに充分なものかどうか知りたい

 強み・能力にもレベルがあります。その強みが「役に立つレベル」の強みかどうかを確認しようとしています。役に立つレベルの強みであるためには、条件があります。それは、「問題を解決していること」です。その強み・能力で何らかの事態を改善していることが必要です。

回答のポイント

それは会社が欲しいものか

 いくら強みをアピールしても、その強みが会社で活かせないものであれば、意味がありません。会社は会社ごとに求めている能力が異なります。いくら能力が高くても相手の求めるものでなければ採用されません。
自己PRと同時に、会社で求められている能力を「企業分析」を通して分析しましょう。

主張根拠具体例の順で伝える

 まず、結論から『私は〜が得意です』『私には〜があります』と自分の能力・強みを端的に伝えます。次に根拠を伝える。たとえば「なぜ、Aという強みがあるかというと、学生時代に〜という活動で成果を出したからです。」と、得意であるといえる根拠を伝えましょう。最後に、根拠で話した例を詳しく話しましょう。あなたの能力が、その場でどんな風に活かされて、どんな結果に貢献したのかを話して下さい。

未来への視点を話す

 能力は「その企業で役に立つ」必要があります。会社で役に立つ能力を持っていると面接官に思わせるためには、未来への視点を話しましょう。つまり、「貴社の業務はAという能力が重要です。私のAという能力で貴社に(具体的な会社での活動内容)として貢献していきたいです。」と答えるのです。
会社にとって自分を雇うことにどんな得があるのか、相手に伝えられます。

具体的に話す

 能力の根拠となる経験は具体的に話す必要があります。根拠となる経験を話す際には、あなたを知らない相手にもわかるように伝えて下さい。例えば「苦労したが、成功した」では知らない相手には何も伝わりません。だから、「特に、Aという点に苦労した。Aという点を解決するために、Bを実行した。その結果、以前と比べてCという改善結果が出た」このように具体的に伝えなければいけません。
具体的でない情報は他人と共有できません。具体的に伝えましょう。

基本は学生時代に力を入れたことにラベリングをするだけ

 学生時代に力を入れたことがしっかりと出来上がっていれば、この質問は難しくありません。「私は〜が得意です。なぜなら(学生時代の経験)をしてきたからです。」と述べればいいからです。つまり、この自己PRを問う質問というのは、学生時代の経験を「要するにどういう能力があるの?」と結論先行型にした形にするだけの質問なのです。

回答例

Aさん:「バスケットボールサークルの団体優勝のために、バラバラになったメンバーの気持ちを統一するために合宿を通して夜通し話合いました。本音でぶつかりあった結果、メンバーの気持ちが統一されて団体戦で優勝することができました。」

Bさん:「バスケットボールサークルの団体優勝のために、バラバラになったメンバーの気持ちを統一するために話し合いを実施し、その結果①方針転換により、下級生の負担が従来以上に重くなっていた、②練習メニューに対する不満、③無駄に長いミーティングの三点によって気持ちがバラバラになったことが分かりました。①に対しては上級生・下級生関係なく負担を平準化し、②に対しては下級生が責任を持って考えるメニューを採用し、③に対しては、ミーティング前に幹部がしっかりとアジェンダを組むといったことでチームの意識統一につとめました。」

 

 

どちらの例が分かりやすいでしょうか?ただ、事実を述べるのではなく、①どういった取り組みをしたのか、②問題に対してどういった工夫をしたのか、③その結果どうなったのか、それぞれを論理的に話すことで、より説得力のある自己PR文になります。

 

いかがでしたでしょうか。

同じアピールの仕方でも、話す順番や構成によって伝わり方が全く変わって来ます。面接前には、自分が人事になったつもりで「これをもし自分が聞いたら、採用したい!」と客観的に感じられるものかどうかをイメージして臨むと良いでしょう。

 

筑波大生の皆さんの自己PRが上手くいくことを祈っています!