就活筑波! 生命環境研究科 内定先:JT

TCN_1

筑波大学内定者インタビューについてです。

1. 自己紹介

〇「在籍学類 or 研究科はどこですか?」

生命環境研究科

〇「内定先企業(業界)、及び職種はどこですか?」

JT(メーカー)、技術系

 

2. 就職活動について

・説明会参加数:11~15社
・OB・OG訪問数:16~20人
・ES提出数:16~20社
・面接受験数:1~5社
・内定獲得数:1~5社
・就活の頻度:週に6~7程度

以下、”就職活動全体を通して”、”就職活動前”、”就職活動本番”、”就職活動終了後”の4つのセクターについての質問と内定者の回答を掲載しています。
ぜひ先輩の就活体験談を参考にしてみてください!

 

“就職活動全体を通して”

〇「ご自身の就職観について当てはまるものを選んで下さい」

一生同じ会社に勤めようと思う, 趣味も仕事も両立し、多面的に充実させたい, 就活中に彼女ができた, 今の内定先は第一志望である, 大手志望であった, 高収入な企業で働きたい, グローバルに活躍したい, 東京で就職しようと思った

〇「御自身の就職活動の流れについて、簡単に教えて下さい」

10月スタート、OB訪問を中心に情報を得たり考え方を学んだ、4月中盤内々定。

 

“就職活動前”

〇「就職活動前に注力していた事は何ですか?

釣り

〇「企業分析・業界分析の際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

その会社で取り組める仕事内容の多さ、経験できること

〇「インターンは何社行いましたか?一番記憶に残っているインターンは何でしたか?また、インターンをして良かった事は何ですか?」

1社。自分自身を見直す経験になった。

 

“就職活動本番”〇「大学の就職課を活用しましたか?また、就職時に必要だと思ったサポートの内容について教えて下さい。」

しました。自己分析の補助、カウンセリング

〇「内定獲得のポイントは何ですか?」

人間性

〇「御自身が就活の際にどのように企業を選んでいたかについて教えてください。」

会社の人と会うことで会社の印象を見た。

〇「就活をする上で大事にしていたことについて教えてください。」

人との出会いの機会をものにすること

〇「就職活動中に出会った困難な事と、それをどう乗り越えたかについて教えてください。」

社会人の方に自分の軸を見直した方がいいといわれたこと。考え、人に会いとにかく意見を聞き、咀嚼していままでの軸をこわさずに納得のいく軸を固めた。

〇「WEBテスト対策で、具体的にどのような事をしましたか?また、いつごろから始めましたか?」

本を一冊かって取り組んだ。1月後半から。

〇「ESを書く際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

自分らしさをアピールした。実績等よりも自分はどうゆう人間なのかということを書いた。2月から。

〇「面接を受ける際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

論理的に短く話すること。3月後半から。

 

“就職活動終了後”

〇「内定先の企業を選んだ決め手について教えてください。」

社員を大切にし、社員は生き生きと働いている様子だったから。

〇「入社後のキャリアビジョンについて教えてください。」

現場を経験した後、マーケティングに関係する仕事をしたい。また海外にも行ってみたい。

〇「就活の時にやっておきたかった事は何ですか?」

早い時期からの行動

〇「筑波大学の後輩たちに何かメッセージをいただけますでしょうか。」

就職活動は人間性がとても重要だと感じました。また志望している会社が必ず自分に合っている会社ともいえない部分、最初から業界を絞るのではなく多くの会社を見て、人に会って肌で感じることを重視するといいと思います。