就活筑波!人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻 内定先:株式会社SRD

TCN_1

筑波大学内定者インタビューについてです。

1. 自己紹介

〇「在籍学類 or 研究科はどこですか?」
人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻

〇「内定先企業(業界)、及び職種はどこですか?」
株式会社SRD、技術系(メディカル/化学/食品)

 

2. 就職活動について

・説明会参加数:20社以上
・OB・OG訪問数:1~5人
・ES提出数:11〜15社
・面接受験数:6~10社
・内定獲得数:1~5社
・就活の頻度:週4~5程度

以下、”就職活動全体を通して”、”就職活動前”、”就職活動本番”、”就職活動終了後”の4つのセクターについての質問と内定者の回答を掲載しています。
ぜひ先輩の就活体験談を参考にしてみてください!

 

“就職活動全体を通して”

〇「ご自身の就職観について当てはまるものを選んで下さい」

趣味も仕事も両立し、多面的に充実させたい, 東京で就職しようと思った

〇「御自身の就職活動の流れについて、簡単に教えて下さい」

“12月ころから自分の興味のある会社を手当り次第に探し始めました。
合説は1回いって、あまり欲しい情報が得られず疲れただけだったのでその1回しか行きませんでした。
そして選考が早くすすむ会社を面接練習用としてエントリーし、12月末には一次面接を受けました。
1月、2月は説明会と面接、ESの締切に追われてとても忙しかったです。
3月は面接が主になり、3月末〜4月初頭に内定をいただきました。”

 

“就職活動前”

〇「就職活動前に注力していた事は何ですか?

“大学生活を楽しむこと。振り返ると、当時は就活を意識していたわけではなかったけれど、特に面接のときなど「大学でこういうことをした」という経験が多いほど手持ちのカードが増えて、予想していなかった質問に対応しやすかったです。
あこがれの人をつくること。職業や年齢など何も関係なく、性格だったり、プレゼンのうまさだったり、「この人のここがすごい。自分もそうなりたい。」と思って工夫するようにしていました。”

〇「企業分析・業界分析の際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

“まず、今までの自分の知識や技術が少しでも活かせる仕事で企業を選びました。そして、自分が興味をもった仕事をしているところを選び、さらに、勤務地や転勤の有無で選びました。
将来結婚したときに、相手の生活にあわせられるように勤務地や職務を変えやすいところ、実家に戻らなければならなくなったときに異動しやすいところ、また、転職も含めて自分のキャリアアップが図れそうなところを選んでいました。”

〇「インターンは何社行いましたか?一番記憶に残っているインターンは何でしたか?また、インターンをして良かった事は何ですか?」

インターンには行っていません。現場を知るきっかけが普段はないので、なるべく行ったほうがいいと思います。しかし、インターンに行っていないことが選考でマイナスになったことはないと思います。

 

“就職活動本番”

〇「大学の就職課を活用しましたか?また、就職時に必要だと思ったサポートの内容について教えて下さい。」

“大学の就職課は、就活を始めて間もないころ、ESの書き方のコツの資料をもらいにいった程度であまり活用していませんでした。
所属の研究科、学類によって学校推薦の有無の情報が錯綜するので、就職課でまとめて認識していてほしいと思いました。
(所属研究科は就職支援に関する情報が何もなかったので)”

〇「内定獲得のポイントは何ですか?」

“自分が受ける会社(職種、業種)の人間だったらどんな人が「使える部下」なんだろうか?と考えて、その「使える部下」に必要だと思ったものをアピールすること。
例えば、私は医療系の知識を売りとするサービス業の会社を受けたので、全ての面接で笑顔を突き通しました。
あとは、論理的に話すこと。
原稿がなくても、だらだらしゃべらないように、普段から結論→理由という話し方をするように心がけていました。”

〇「御自身が就活の際にどのように企業を選んでいたかについて教えてください。」

“まず、今までの自分の知識や技術が少しでも活かせる仕事で企業を選びました。そして、自分が興味をもった仕事をしているところを選び、さらに、勤務地や転勤の有無で選びました。
将来結婚したときに、相手の生活にあわせられるように勤務地や職務を変えやすいところ、実家に戻らなければならなくなったときに異動しやすいところ、また、転職も含めて自分のキャリアアップが図れそうなところを選んでいました。”

〇「就活をする上で大事にしていたことについて教えてください。」

“他の就活生と程よい距離をとってコミュニケーションをとることです。同じ業界を目指している人であれば、自分がエントリーしていない会社の情報などを教えてくれます。
ただ、選考前の緊張した時間などでしか会う機会がなく、いいライバルとして程よく距離をとることを大切にしました。”

〇「就職活動中に出会った困難な事と、それをどう乗り越えたかについて教えてください。」

圧迫面接に遭いました。長所と、その長所がどう仕事に活かせるかという質問に答えた後、「それ、人として当たり前だよね?」「普通じゃん」というように全てについて「長所ではない」という切り返しをする面接官の方でした。それに対し、なんとかして関連する経験をひねり出して乗り越えました。そのときに落ち込んだのですが、友人に話し、「話す」ことでスッキリしました。

〇「WEBテスト対策で、具体的にどのような事をしましたか?また、いつごろから始めましたか?」

とくにしていません。捨てWEBテストを1回うけたくらいです。3回目くらいでなんとなく傾向が掴めるので、選考がはやく、志望度の低い会社を受けてみると良いと思います。

〇「ESを書く際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

ESは12月に入ってから書き始めました。意識したことは読みやすさ(論理性)とおもしろさです。流し読みをしても読みやすく、おもしろかったな、と思えるような構成に気を遣いました。

〇「面接を受ける際に意識したことは何ですか?また、いつごろから始めましたか?」

“笑顔でいること。集団面接の際は、他の就活生が話しているとき、話している人の方を向いて、きちんと内容を理解すること。もしも話が自分の考えていたこととかぶったときはなるべく別の話題にするか、前に話していた人のことをふまえて発展させて話したほうが印象がいいです。
はじめたのは、12月末です。”

“就職活動終了後”

〇「内定先の企業を選んだ決め手について教えてください。」

ライフスタイルの変化に合わせて働き方を柔軟に変えることができるから。内定をいただいた会社のなかでは最も給料が低かったのですが、どの企業よりも「社員の長期的な幸せを願っている」雰囲気が教育体制、昇格体制から感じられたこと、自分がその会社の雰囲気に簡単にとけ込めそうだと感じたことが決め手でした。

〇「入社後のキャリアビジョンについて教えてください。」

“出世頭になろうと思います(笑)
仕事とプライベートをうまくバランスをとって過ごしたいです。
そして、30代には仕事を続けながら子育てもできたらいいなと思っています。”。

〇「就活の時にやっておきたかった事は何ですか?」

OB,OG訪問。実は全くと言っていいほどお話を聞きにいっていません。内定受諾をする際に、実際にどんな仕事をどんな雰囲気でしているのかつかめず、会社の差別化ができなくてとても悩みました。

〇「筑波大学の後輩たちに何かメッセージをいただけますでしょうか。」

“業種や分野によりますが、結局まだ就職は難しいのかな、という印象を受けました。自分のこだわりはもちろんつらぬいてほしいのですが、見方を変えると新しい興味が出てくることもあります。いろんな方面を見る、ということを大切にしてください。
就活は辛いときもありますが、「せっかく東京まで説明会に来たんだからソラマチでもよってから帰るかぁ!」ぐらいの心の余裕をもっていると、表情に出て面接でいい印象を与えられるのかなぁと思います。