【15卒筑波大学 内定者インタビュー】ハウスメーカー内定 体育専門学群 今北知貴さんの就職活動体験記 自分が好きな仕事で人の役に立ちたい

スクリーンショット 2015-01-26 4.36.15

内定者プロフィール

 

〇ご自身のプロフィールを教えて下さい

 

・名前:今北知貴

・学群学類/研究科専攻:体育専門学群

・内定先:NG

・業種:ハウスメーカー

・職種:営業職

・就活開始時期:12月

・就活終了時期:4月

・内定獲得数:2社

・就活の軸(どういう基準で企業を選んでいたか):自分が成長できて、人の役に立てる仕事かどうか

・説明会参加数:20社

・OB・OG訪問数:1人

・ES提出数:30社程度

・面接受験数:15社程度

・内定獲得数:2社

・就活の頻度:週3~4日程度

 

 

〇ご自身の就職活動の流れについて、時期毎に簡単に教えて下さい

 

12月:就活準備、合同説明会参加。

1月:自己分析、エントリー開始。

2月:説明会とES提出開始、1次選考開始。

3月:選考が多い時期、会場で試験もあった。

4月:選考は2社のみ、内々定獲得。

5月:教育実習のため就活終了

 

就職活動準備(学生生活の振り返り〜インターンシップ参加)

 

〇「大学時代に注力していた事は何ですか?

部活動の水球に力を注いでいました。

私は、最終学年でキャプテンになったので、

自分がやりたい練習とチームに今、何が必要なのかを考えた練習とを

良いバランスを保ちながらやりたいと思っていたので、

そのバランスが崩れて自分がしたい練習ばっかりや

チームにあわせた練習ばっかりにならないようにすることがとても大変でした。

 

〇「自己分析はどのように実施して、就活にどう役立ちましたか?」

自己分析は主に、これまでの人生を振り返り、

性格や行動パターンにどういう特徴があったかということを紙に書いて整理していました。

しかし、自分が思い描いている自分と、他人から見た自分のギャップがあると思い、

基本的には親しい友人や先輩などに私のイメージや長所、短所などを聞きまくりました。

就活をしていて、社員さんの印象や会社の雰囲気に自分が合うかなと考えるときに、

自分の性格はこうだから…という判断材料になったと思います。

 

〇「企業・業界分析はどのように実施して、就活にどう役立ちましたか?」

企業・業界分析についてはあまりやっておらず、

普段の生活で目に留まった会社についてなんとなく調べてみたり、

その競合他社にどういう企業があるのかを調べたりしていたぐらいです。

あとは就活生と話をして情報収集をしていました。

面接のときに、自分がその企業を受けようと思った理由や

面接官と話をするきっかけづくりに役立ったと思います。

 

 

就職活動本番(企業説明会参加〜内定獲得まで)

 

〇「企業説明会にはどの程度参加しましたか?また、参加してどう感じましたか?」

合同説明会は2~3度行きましたが、1回行けばいいかなと感じています。

業種や会社を知るということには役に立ちますがあまり多くの企業の話を聞くことは出来ず、

内容も短いので、興味のある企業については単独の説明会に行かないといけないと思いました。

個別の説明会には20社ほど行きました。

参加後にこの企業で働きたいと思うか、

働きたくないと思うかを選考に参加するかしないかの指標にしていました。

 

〇「OBOG訪問はどれくらい実施しましたか?
会いたい
OBOGとどのように繋がりましたか?」

OB訪問は1人しかしていません。

 

〇「Webテスト・SPI対策はどのように実施しましたか?」

WebテストやSPIは就活に向かう電車の中や、空いた時間に少しずつしていました。

テストに関しては何社か受けていると傾向やパターンが見えてくるので、徐々に慣れていきました。

 

〇「ES対策はどのように実施しましたか?」

あまりうまく書くということは意識せずに自分が思っていることを、

丁寧に説明することを意識して書いていました。

対策本やテンプレートを見てしまうと自分らしさが出せないように思い、

何も見ませんでした。

それと、字の綺麗さと文法がおかしくなっていないかだけは注意していました。

 

〇「面接対策はどのように実施しましたか?」

あまり対策はしていませんでしたが、自分らしさが出せるようにしたかったので、

参考書は見ないようにしていました。

しかし、私自身がかなりのあがり症なので、

緊張して何も言えなくならないように、

困った時のテンプレートを何個か覚えておくようにはしていました。

 

〇「最終面接で特に気を付けたことはなんですか?」

最終面接は、ほぼ雑談のような形で終わってしまったので、あまりないのですが、

その前の役員面接がかなり重要だったので、

自分の言っていることが論理立てて話せているのかということに気を付けて、

話すようにしていました。

 

就職活動終了後(企業を決定し、就活を終えて今思うこと)

 

〇「内定先の企業を選んだ決め手は何でしたか?」

将来的に自分が成長できるのはどちらかと考えた時に、今の内定先に決めました。

私の実家が自営業なので自分がその職業で必要なスキルや

ノウハウを学んで自営業をしたいと考えているので、

その為にはどのような仕事をすればよいかということも考えながら決めました。

 

〇「入社後、どういうキャリアを描いていますか?」

仕事を早く覚えて、ある程度場数を踏んだら、

後輩たちにスキルやノウハウを還元できるように、

人材育成をしたいと考えています。

そして、いずれは独立して、自分で商売ができるようになればいいなと思っていなす。

 

〇「就活の時にやっておけば良かったと思う事は何ですか?」

挙げればきりがないのですが、一番やっておけばと後悔していることは、

もっと様々な業界についても興味を持てばよかったと思っています。

自分はこの職業をしたいとこだわってしまうのではなく、

もっと頭を柔らかくして、他の職業でも自分がしたいことがないかと考え、

その会社に行ってみることも今後の人生の中で役に立っただろうなと思います。

 

 〇「就活の時に特に大変だったエピソードや、
それを踏まえてのアドバイスをお願いします。」

ありきたりですが、就活が忙しくなると、

部活動との折り合いがつけづらく、とても苦労しました。

就活と部活動でしっかりと切り替えをしなければ、

どっちつかずでどちらもうまくいかないので、思い切って、

就活の合間に息抜きとして部活動をしているんだと考えてみるなど、

少し考え方を変えてみることもいいと思います。

そうすれば部活動をするときも就活をするときも全力で出来ることができると思います。

 

〇「最後に、筑波大学の就活生の後輩たちにメッセージをお願いします!」

自分が就活をしているときは決まらなかったらどうしようとか、

部活と就活の両立は大変で嫌だと思うこともありましたが、

就活を終えた今では、とても貴重な経験になったと思います。

自分が満足できる就活をする為にも、

自分らしさを出してそれを気に入ってくれる会社と出会えるように、

最後まであきらめずに就活をしていってほしいと思います。

皆さん頑張ってください!