【大学院入試】 理系なら避けては通れない!? 大学院入試入門書!

kakaku21

kakaku21

 

筑波大学のみなさん! こんにちは!

 

今回は、大学院進学についての特集です。

 

大学院進学は、理系の学生さんなら約80%の方が大学院へ進学するというデータがあります。

 

大学院に進学したいと考えてる学生の皆さん!

大学院受験の流れをしっていますか?

 

まだまだ先の事! と、思わずに大学院進学について

今のうちから、準備を始めておきましょう!

 

まず、流れを説明します。

            研究室訪問

              ↓

            願書取り寄せ

              ↓

             院試

 

基本的には、この3STEPです。

 

事前準備が大事!?

はじめに説明するのは「院試」についてです。

院試とは「大学院入学試験」のことです。

院試が行われる時期は、各大学によってバラバラです。

 

7〜9月に行われる大学が多いですが、

早いところだと5月から行われているところもあります。

 

また、院試では併願受験が可能なため、

受けたい研究室が複数あった場合、受験日が重ならないように気をつけましょう!

 

行かなきゃ損!?

次は、研究室訪問についてです。

 

やはり、資料だけではわからない研究室の雰囲気や

施設を見学するのは大切な事です。

 

やる気もupさせることができます!

 

また、精神的なメリットだけではなく、きちんとしたメリットもあります!

 

研究室訪問の際に、研究室の学生さんに勉強方法などを聞く事もできます。

(研究室によってですが、過去問ももらえるかも・・・)

 

院試を受ける注意点

提出物

教授の推薦書がいる大学、他大学受験許可の一筆のいる大学もあるので余裕を持って願書の準備をしましょう

 

また、研究室によっては、TOEIC・TOEFLのスコアが必要になってくるところもあります。

 

TOEIC・TOEFLはテストを受けてから結果が出るまでに一ヶ月半以上かかるので、早めに用意しておきましょう!

 

 

研究室訪問の時期

研究室訪問の時期についてですが、

目安としては3年12月〜4年5月くらいの間がいいでしょう。

 

きちんと、メールでアポイントメントをとってから行きましょう。

 

また、卒業研究などで忙しいとされている1〜2月はなるべく控えた方がいいかもしれません。

 

 

みなさん、このような情報はしっていましたか?

「備えあれば憂いなし」です。

自分の、進路についてはきちんと準備して、他人と差を付けましょう!