在学中に2社起業! できる人はここが違う!!

SONY DSC

SONY DSC

私は在学中に2つの会社を起業しました。最初にシンガポールで貿易会社を起業し、次にグローバルリーダーを育成するサービスを提供する会社を日本で起業しました。来春より某米国消費材メーカーのマーケティング職種に入社予定です。

 

一社目、起業のきっかけ

もともと日本の役に立ちたいと思っていた私は、日本の商品をもっと世界に出せないかという想いから、あるきっかけで知り合った投資家の方に自分の事業計画をプレゼンし、4回目のプレゼンでその方にokを頂き、成長著しいASEAN地域の中心国シンガポールで起業を致しました。

 

一社目の経営

日本の商品をシンガポールに輸入しそれらをASEANに販売するというビジネスをしていました。従業員は当時現地の人3名で行っていました。

企業を経営したことはもちろん、ビジネスをしたことさえなど今までなかったので、最初はお金のやりくりやどの商品を輸入するか、どう輸入するか、どう販売するか、価格設定をどうするかなど戸惑う事だらけでしたが、投資家の方の指導やビジネス書からの知識、メンバーとの話し合いを通して徐々に慣れていきました。

最初、輸入した商品は中々売れませんでしたが、商品と販売方法を現地の意見を聞いてローカライズした結果、売れるようになりました。今まで海外に商品を販売していなかった企業が、この会社によって海外に初めて展開し、その商品を販売する事ができるようにするということが、自分の実現したかったことだったので、立ち上げ時は大変でしたが、非常にやりがいを感じました。

 

事業撤退から就職活動

この輸入販売の事業でしたが、日本へ帰国する際に身を引く事を決めました。理由は、この事業を続けても日本に対して限られた貢献しかできない且つ自分の能力的にも事業の限界を感じたからです。私はこの事業や、人々との交流を通して世界の成功の仕組みを学び、世界で勝てる人として日本をより大きな面で支える人間になりたいと思いました。

そこで、事業の売却を決断し帰国をしました。

 

就職活動

上記の理由で帰国した私は、『グローバルリーダーになる最もいい環境』を手に入れるために就職活動をしました。

環境とは個人的に、早いうちから①世界の優秀な人材と競い合える②世界の成功のモデルを学べる③多様な人をマネジメントする環境です。

最初は総合商社や日系のメーカーなどを見ていましたが日本企業でグローバルに働くことでグローバルリーダーになれるという確信を持てませんでした。理由として早いうちから裁量権や責任を持って働く環境が少ないと感じたからです。そこで早いうちからがつがつ働ける且つ理想の環境が比較的ある外資系企業を志望しました。

その中でも入社先は世界最大規模の企業で自分にとって理想のラーニングの機会があると思い、そこに決めました。

 

起業経験が就活でどう活きたか

一度自分でビジネスを行っているため、就職活動ではその経験がかなり活きました。行動力や、部下を持っていたのでリーダーシップ力の裏付けとなりそこが企業の側でも評価されていたと思います。

また、一度ビジネスを知っていると企業での働き方や社員の方の話などに、ビジネスを知らない人と比べ自分なりの判断基準ができる(ビジネスを知らないと判断基準ができないので流されやすいのではと思います)ので、志望動機に説得力がでてきたり、入社後のミスマッチなども格段に減ると思います。

 

就活後

就職活動後も、自分が問題視していることを解決するために、就職活動を通してであった人たちと再び起業をしたり、学生団体を立ち上げたり、ファッションブランドの立ち上げを行ったりと様々な事を経験させてもらっています。

 

最後に

起業には様々な方法がありますが、私の場合は人脈をフル活用して行いました。普段から多くのコミュニティーに顏を出し、多くの人と知り合う事も起業や何か新しい事をやる上で重要な要素なのではないかと思います。

起業してもそれを続けるかは自分次第です(もちろん部下やステークホルダーに不利益が生じる事は絶対に避けることは前提ですが、)。

自分の目標と現在行っている事がずれていると感じたら、だらだらとやらないで自分の軸でしっかりとした判断をするべきです。

 

起業経験はその後のキャリアにも確実に役立つ経験ですので、起業意欲のあるみなさん、是非トライしてみて下さい!

ありがとうございました。