【超穴場】デザイナーに必須!? 色彩検定とは!!

054

こんにちは!

筑波大学

にはものづくりに関する分野を勉強している人が多いと思います!

そこで、今回は、デザイン関係の職に就く上で持っていたら便利だと思われる、

色彩検定について自分の体験談もほんの少しまじえて紹介させていただきます!

 

色彩検定とは!?

色彩検定は、グラフィックデザインやファッションだけでなく、販売や企画など幅広い分野で利用できる資格を得る事ができます。

内容は、光と意図の関係、色循環など色の表示等、基本的な事から、実際のデザインにおける色の役割やそれに基づく配色の考え方について問われます。

色彩について理論的に学ぶ事によって、色を感覚的だけでなくとり目的にそって使う事ができます。

例えば、服を店内に並べる際、色の順番が違うだけで商品の数が多く見えたり、少なく見えたりする、というような、

色が与える効果というようなものを理論的に考えて色彩計画をたてられるようになります。

 

なにより、日常生活でも、部屋の模様替えや服のコーディネートをするときに、

自分のイメージにより近づけることができるようになっていいことづくしです!!

3級・2級はそれほど難しくないので、色に少しでも興味のある方はぜひチャレンジしてみてください!

下記の色彩検定協会のHPから申し込む事ができます

http://www,aft.or.jp/index.html

 

ちなみに勉強は、セミナーを受講したり参考書や問題集で独学で学ぶ等の方法があります!

ちなみに私は参考書等をみて勉強しました!!

 

ほかのデザイン業界で役に立つ資格はたくさんあります!

 

CGクリエイター検定・・・CG映像の制作において、シナリオ・絵コンテ・日程・予算等の一定条件の下に映像表現技術やCG理              論の知識・CGソフトウェアを効果的に用いる能力

 

CGエンジニア検定・・・クリエイター試験に対しソフトウェアや関連するハードウェア・システムの開発ができる能力

建築CAD資格・・・建築CADを使いこなす能力

プロダクトデザイン検定・・・その名の通り、プロダクトデザイン関連知識の評価基準になるもの

 

そのほかにも、カラーコーディネーター・インタリアデザイン・ジェエリーデザイン、

さらにはadbやphotoshopの能力を問う試験等のたくさんの検定があります。

検定は受ければいいというものでもないですが、就職活動の際、自分のアポールポイントになるし、

なにより自分の進みたい分野や興味のある事に関するものを勉強する事は決して損になる事ではありません!!

 

わたし自身、高校生のことに色彩検定の勉強の過程で自分が興味を持っている事がわかったり、

自分の進路を決定するきっかけの一つにもなりました!新しい発見もたくさんありました!

 

ぜひ、時間が許す限り挑戦してみてください!